いよいよ来るか?マリオットの新会員プログラム

先日、SPGとマリオットが年内に統合?18年8月以後、SPGのウェブサイトとAppを使えなくなる? にSPGとマリオットは8月頃、予約サイトを先に統合することを記載しました。当時、年内両社の統合内容について、いくつかを予測しました。 昨日、Flyertalkからさらに統合後のマリオットの会員プログラムに関する噂がありました。その中で、可能性高いのは以下のようです。 。 統合後の新しいプログラムについて、1ドル毎10ポイントを獲得します。 新しい会員プログラムは5つのステータスがあります。 シルバー:10泊 ゴールド:25泊 プラチナ:50泊 プラチナプレミア:75泊 アンバサダー:100泊+20000ドルの消費 無料朝食を提供しますが、どのステータスから提供することが不明です。 それ以外、ホテルのカテゴリを破棄し、ポイントで無料宿泊の交換はできなくなり、SPGのスターポイントでマイルの交換が近いうちにできなくなる噂もあります。 マリオットの公式発表はまだですが、8月で新しいプログラムの詳細をアナウンスすることは間違いないと思います。 また、マリオットのカスタマにより、来週excitingニュースの発表があります。お楽しみに。

SPGとマリオットが年内に統合?18年8月以後、SPGのウェブサイトとAppを使えなくなる?

既に昨年末でマリオットとSPGが2018年統合せずニュースがありました。 従って、最速2019年1月から片方しか残りませんが、統合内容の一部は先に2018年内に進む可能性が否定できません。 先日、SPGのIT部署の関係者によると、SPGの予約サイトやモバイルAPPが8月以後を使えなくなります。代わりに、今後の予約は全部マリオットのウェブサイトやAPPに進む予定です。2つのプログラム、特にポイントのシステムが独立で運用できるかとうか不明ですが、2019年以後SPGのスターポイントがなくなる可能性が高い。 では、もし8月以後予約サイトを先に統合すれば、何かの影響がありますか。 ステータスの維持するため、必要な宿泊数は? 現状、SPGのステータスを維持するために、毎年必要な滞在/泊数はマリオットよりかなり少ないです。例えば、同じプラチナステータスの場合に、SPGは25滞在/50宿泊が必要です。SPGのアメックスカードを保有すれば、さらに楽にします。一方、マリオットのほうは75宿泊が必要です。コストや時間上でSPGよりきついです。予約サイトを統合すれば、2018年度でSPGやマリオットのステータスを維持する必要な条件が変わりませんと思います。 しかし、2019年以後はどうでしょうか。年内に多分案内が来ると思います。 ホテルカテゴリの変化は? マリオットのホテルは2種類のカテゴリがあります。ザ・リッツ・カールトンの等級は「Tier」が表示され、最高レベルが5です。ザ・リッツ・カールトン以外のホテルは「Category」を表示し、レベルが9まで。 SPG系のホテル(一部のホテルを除く)は「Category」が表示されます。最高が7です。例えば、京都の翠嵐、大阪のSt.Regisが最高のCat7です。ポイントで無料宿泊を交換する際に、必要なポイント数はカテゴリにより異なります。 リワードポイントでマリオットのCat9の無料宿泊を交換すれば、40000-45000ポイントが必要です。リッツ・カールトンのTier5の無料宿泊を交換すれば、60000-70000ポイントかかります。 一方、SPGのCat7の無料宿泊を交換すれば、30000-35000ポイントがかかります。1スターポイントは3リワードポイントへ交換できるため、SPGの最高級ホテルは90000-105000リワードポイントで交換できます。かなり高いですね。 なので、SPG系ホテルのカテゴリ調整は簡単な事ではないと思います。2018年内で、2つのプログラムが独立で運用すると推測します。 プラチナチャレンジは? SPGとマリオットのプラチナチャレンジはそのままで残りますか。残る可能性は高いが、マリオットのプラチナチャレンジのみと思います。プラチナチャレンジは無くなる可能性もありがますが、ヒルトンのダイアモンドチャレンジを維持すれば、マリオットのプラチナチャレンジがなくなる可能性が低い。 では、もしSPGでの宿泊はマリオットのプラチナチャレンジにカウントされることができれば、プラチナチャレンジのコストがより抑えます。海外の安いSPGホテルは2000−3000円/泊かかります。マリオットのプラチナチャレンジの場合に、9滞在が2万円前後です。 最後 上記はただの推測ですが、年内でSPGの一部を先に統合することが間違えないと思います。 ウェブサイトやモバイルAPP以外、アメックスのSPGカードの行き先が不明です。アメックスはマリオットと提携しないと、マリオットのリワードポイントを貯める方法が宿泊しかありません。 今からアメックスSPGカードの入会やSPGのスターポイントの購入は多分マリオットのリワードポイントを大量獲得できる最後のチャンスです。

SPGのスターポイントのお得な購入キャンペーンが最大35%割引

SPGのスターポイント購入キャンペーンは11月から開始しました。 期間は2017年12月29日まで。 SPGスターポイントの購入サイト 5000ポイント以上購入すれば、35%の割引があります。 (ちなみに、去年年末頃のキャンペーンが最大50%の割引でした。) 1つのアカウントで年間スターポイントの購入上限は3万ポイントです。3万ポイントを購入する場合に、685ドルがかかります。 計算すると、今回の購入単価は1スターポイント=約2.6円(0.23ドル)  スターポイント購入の流れ 購入手順は簡単です。購入したいポイント数を選択して、姓名、会員番号、メールアドレスを入力すれば、支払い画面に移動します。 支払い画面で、クレジットカードと住所の情報を入力し、「購入する」Buttonをクリックしたら、購入の手続きが完了できます。 その後、ログイン時入力したメールアドレスに購入確認書が届きます。 以上、購入が全部完了です。 家族メンバー間のポイント移行 3万以上のスターポイントを購入したい場合に、家族メンバーのアカウントを利用したら、年間3万ポイントの購入 上限を超えます。 家族メンバーのアカウントは同じ住所を登録すれば、お互いにポイントの移行ができます。 移行する時、下記の注意事項があります。 同じ住所を登録してから30日以上、ポイントの移行ができます。 移行する時、証明書類の提供を要求される可能性があります。 家族メンバー間のスターポイント移行手順は以下です。 会員管理画面で「スターポイントを交換」をクリックし、次に「その他のオプション」を選択します。 いくつかのカテゴリがあります。「スターポイントをプレゼント」を選んで、「スターポイントを移行」を選択します。 移行先の会員番号、移行ポイント数(1000の倍数)などの情報を入力して、「移行」をクリックして手続きが完了します。 9万スターポイントが貯まったら、マリオットのトラベルパッケージへの移行ができます。

マリオットプラチナチャレンジの攻略

マリオットのプラチナステータス(最上級のステータス)について、年間(1月から12月)75泊以上の宿泊があれば、ステータスの獲得ができます。しかし、SPGの年間25滞在か50泊と比べて、難易度が高いです。 プラチナチャレンジは一定期間内で必要な宿泊(滞在)数を達成すれば、プラチナステータスを獲得する方法です。 また、マリオットとSPGはお互いに会員ステータスをマッチできますので、マリオットのプラチナを保有すれば、SPGのプラチナステータスももらいます。 私はマリオットのプラチナステータスを2年くらい保有しています。マリオット系のホテルやザ・リッツ・カールトンのホテルに滞在した時、大体7割のホテルにスイートルームにアップグレードしてもらいました。 プラチナチャレンジの概要 プラチナチャレンジは3か月で9滞在すれば、プラチナステータスをもらいます。 滞在(Stay)と泊(Night)の違いとは、例として、9連泊の場合に、「1滞在9泊」をカウントされます。9滞在は最低9日で達成できますが、毎回「1滞在1泊」が必要です。 1月内でチャレンジ完了したら、翌年の2月までプラチナステータスを保有できます。2月-12月内で完了したら、翌々年の2月までプラチナを維持できます。つまり、来年の2月以後チャレンジを完了したら、2020年2月までプラチナステータスを維持できます。 ちなみに、特典宿泊もチャレンジのカウント対象外です。料金をお支払いのご滞在が必要です。 同一ホテルに24時間以内に再チェックインいただく場合は、1滞在となります。また、ルームレートがポイント加算対象外となるご予約は、滞在のカウント対象外となります。ツアーでのご宿泊やホテルクーポン、他社ホテル予約サイト等別会社を経由してお申込みいただくご滞在は対象外となります。 つまり、同じホテルに朝チェックアウト、夜チェックインの場合にも1滞在がカウントされます。例えば、今日はAホテルに滞在し、明日がBホテルに滞在する場合には、2滞在がカウントされます。 プラチナチャレンジの申し込み 基本的には、マリオットのゴールドステータスを持っている会員はプラチナチャレンジの申請ができます。 SPGのアメックスカードを保有したら、SPGのゴールドステータスを自動的に獲得できます。マリオットアカウントにリンクして、自動的にはマリオットのゴールドステータスを保有できます。 プラチナチャレンジを申請したい時、サービスデスク(03-5405-1513)に電話し、「プラチナチャレンジの申し込み」の旨を伝えます。 また、メールでの申し込みもできます。マリオットリワーズサービスデスクの連絡先はtokyomarriottrewards@marriott.com です。 お得なチャレンジ方法 マリオット新規入会のプロモーション まだマリオットアカウントを持っていない場合に、下記のリンクから新規登録すれば、90日以内で2滞在により、カテゴリ1-5の特典宿泊券をもらえます。新規入会プロモーションはプラチナチャレンジと併用できます。 マリオット新規入会   キャッシュバック/ポイントサイトから予約 海外のキャッシュバックサイトはTopCashback(up to 5%)、Mr.Rebates(2%)、国内のハピタス(4.9%)、モッピー( 4.6%)、ちょびリッチ(2.5%-3.5%)からマリオットのオフィシャルサイトに予約したら、さかにお得です。 BRG(Best Price Guarantee) Bookingなどのホテル予約サイトから予約する場合に、チャレンジ対象外の可能性があります。 下記はマリオットデスクからの回答です。 尚、旅行会社やホテル予約サイトなど第三者機関を通してお手配されたご予約は、ポイント、宿泊日数実績、プロモーションの加算対象外となります。何卒ご了承いただけます様お願い申し上げます。 以下の経路のご予約がポイント加算対象となりますので、ご予約の際は是非ご利用くださいませ。1. マリオット東京予約センター: 0120-142536(無料通話)または03-5405-1511 営業時間:平日9時~18時2.マリオットの公式予約サイト: www.marriott.co.jp3. ホテルへの直接のご連絡 オフィシャルサイトの価格より安い場合に、BRGを活用できます。成功したら、オフィシャルサイトに表示される価格より25%割り引きがあります。 BRGについて、今後詳しく紹介します。

マリオットトラベルパッケージの交換攻略

マリオットのリワードポイントはSPGのスターポイントと同じように、航空会社のマイルを直接に交換できますが、レートが良くないので、あまり勧めません。 今回紹介したいのはマリオットトラベルパッケージ(Marriott Travel Package)です。マリオットトラベルパッケージとは、簡単に言うと、リワードポイントをマリオットの宿泊券+マイルにセットで交換します。 例えば、27万のリワードポイント=カテゴリ5の宿泊券(7連泊)+12万BA Avois 宿泊券について、マリオット系ホテル以外、リッツカールトンホテルも交換できます。もちらん、必要なリワードポイント数も大幅に増加します。 単にリッツカールトンホテルに宿泊したい場合に、直接リワードポイントから特典宿泊券を交換したほうがよさそう。4連泊のポイント数= 5連泊のポイント数(無料の1泊をもらいます)のため。 交換のプロセス 特典宿泊券と違って、ネットで申込みできませんので、03-5405-1513まで電話をしてください。申込み時、マリオットの会員番号と提携航空会社の会員番号を伝えて、手続きを進めます。 交換完了したら、7連泊の宿泊券をすぐにアカウントに反映できますが、マイルのほうが少し時間かかります。私はAAのマイルを交換した時、約1週間かかりました。提携航空会社のマイルを移行する場合に、航空会社アカウントのユーザ名とマリオットのユーザ名を一致しないといけない。また、マイルの払い戻しができません。 宿泊券の使い方及び制限事項 宿泊券の使用期間は獲得日から1年間です。交換したいとき、同じく電話をしてください。 また、宿泊券に対して、該当カテゴリのホテルは全部対象になりますが、7連泊が必要な条件なので、使用できない場合があります。 制限事項は大体下記のようです。 1枚の宿泊券は1つのホテルしか利用できないです。複数のホテルに分割で使えません。 連続の7日間で使えない日に対して、現金で支払わないといけない 宿泊券のカテゴリを変更したい場合に、電話してください。例えば、カテゴリ5の宿泊券をカテゴリ6に変更したいと、追加3万 リワードポイントの支払いが必要です。逆に、カテゴリ6から5に変更すれば、3万 リワードポイントを返却できます。 有効期限が切れる前に連絡をくれたら延長可能です。カテゴリ変更したら、期間も延長します。 宿泊券の払い戻しが可能です。カテゴリ5の宿泊券の場合に、4.5万 リワードポイントを返却できます。 お得な交換ルート 27万リワードポイントからの交換は一番効率が高いです。詳細は下記の表に参照してください。 マリオットはUA(ユナイテッド航空)と連携していますので、UAのマイルに交換すれば、さらに10%マイルをUpし、合計13.2万を獲得できます。 また、不定期に航空会社への移行増量キャンペーンもあります。これと併用したら、さらにお得です。 例えば、前にBA(ブリティッシュエアウェイズ)のavoisへの35%UP移行増量キャンペーンがありました。27万リワードポイントの場合に、合計16.2万avoisをもらえます。 ちなみに、ANAとJALの交換ルートは8.5万です。イマイチと感じです。キャンペーンあるとき、UA、BA、AAに移行したほうがいいと思います。 リワードポイントの貯め方 マリオットはSPGを買収した後、SPGからマリオットへのポイント移行ができます。SPGのスターポイントを1:3のレートでリワードポイントに移行できます。 SPGのクレジットカードがありますので、日常で買い物でリワードポイントも貯めます。(100円 = 1 スターポイント = 3 リワードポイント) また、12月31日まで、3.5割引でスターポイントも購入できます。

BAのAvoisで交換されるJAL特典航空券の座席選択方法(新版)

2017年11月16日、JALは旅客サービスシステムの刷新に伴う、「アマデウス(Amadeus)」のシステムを導入しました。この更新により、他社から交換するJAL特典航空券の座席選択のやり方も従来と変わりましたが、結構使いやすくなりました。 今回はBA avoisで交換された特典航空券を新システム上に座席選択の方法を紹介します。 システム更新後、発行した特典航空券の座席選択 BAと同じくAmadeuシステムを使いますので、BA Avoisで発行するチケットの予約番号を直接に使えます。 JALのホームページから、国内線あるいは国際線のタグを選択し、予約確認をクリックします。 予約番号で検索し、BAが発行した6桁の番号をそのままに入力し、「予約詳細」へ進みます。 予約管理画面に、「座席指定」に進んで、好きな座席を選べます。ここで席を決めたら、必ず「選択」をクリックしてから画面右の下「完了」をクリックします。 システム更新前、発行した特典航空券の座席選択 JALの旅客システム更新(11月16日以前)した前に、BAと異なったシステムを使用したために、JALの予約番号を別途でもらわないといけない。BAデスクに電話しも良いですが、ここで、Amadeusシステムを使用しているCheckMyTripを勧めます。 CheckMyTripのWebsiteか携帯のアプリからBAの予約番号を入力、JALの予約番号が獲得できます。JALの予約番号をもらったら、上記と同じ流れで予約番号検索から座席選択を進めます。 新機能および制約事項 新システムは旧システムより使いやすくなります。UIも結構改善しました。 予約管理画面で新しい機能も追加しました。 Eチケットのオンライン発行 旧システムはEチケット発行の機能があったようですが、実際使った時エラーを表示し、オンラインで発行できないと思います。 今回は改善し、Eチケットを発行できます。「eチケットお客様控を表示する」を2回クリックしたら、新しいウィンドでamadeusに移動し、eチケットが表示されます。 JALの会員番号も登録できる 「パスポート情報登録」か「お客様情報更新」を選択して、マイレージプログラムを選んで、番号も入力できます。ここで、JALの会員番号を入力したら、JALのアカウントにもこの予約が表示されます。 また、JALの上級ステータスを保有する会員に対して、座席を事前選択できる範囲も通常より多いです。 制約事項 1つ予約番号に複数人の予約分がある場合に、予約番号の検索に入力する名前のみ、マイレージプロブラムの登録ができます。そのほかのメンバーは「登録済」と示されます。個別登録が必要です。 座席の選択が複数人同時もできますが、会員ステータスの違いにより、選択失敗の可能性があります。例えば、1つの予約番号にAとBが含まれています。AはJALダイヤモンド会員、BがJAL会員ではありません。Aの名前から予約番号検索し座席選択し、Aが1Aの席を選択し、Bが1Bの席を選択したら、エラーが表示されます。実際、Bに対して、1Aと1Bが選択できない状態になっていますが、画面上でこのような表示はありません。