マリオットプラチナチャレンジの攻略

マリオットのプラチナステータス(最上級のステータス)について、年間(1月から12月)75泊以上の宿泊があれば、ステータスの獲得ができます。しかし、SPGの年間25滞在か50泊と比べて、難易度が高いです。 プラチナチャレンジは一定期間内で必要な宿泊(滞在)数を達成すれば、プラチナステータスを獲得する方法です。 また、マリオットとSPGはお互いに会員ステータスをマッチできますので、マリオットのプラチナを保有すれば、SPGのプラチナステータスももらいます。 私はマリオットのプラチナステータスを2年くらい保有しています。マリオット系のホテルやザ・リッツ・カールトンのホテルに滞在した時、大体7割のホテルにスイートルームにアップグレードしてもらいました。 プラチナチャレンジの概要 プラチナチャレンジは3か月で9滞在すれば、プラチナステータスをもらいます。 滞在(Stay)と泊(Night)の違いとは、例として、9連泊の場合に、「1滞在9泊」をカウントされます。9滞在は最低9日で達成できますが、毎回「1滞在1泊」が必要です。 1月内でチャレンジ完了したら、翌年の2月までプラチナステータスを保有できます。2月-12月内で完了したら、翌々年の2月までプラチナを維持できます。つまり、来年の2月以後チャレンジを完了したら、2020年2月までプラチナステータスを維持できます。 ちなみに、特典宿泊もチャレンジのカウント対象外です。料金をお支払いのご滞在が必要です。 同一ホテルに24時間以内に再チェックインいただく場合は、1滞在となります。また、ルームレートがポイント加算対象外となるご予約は、滞在のカウント対象外となります。ツアーでのご宿泊やホテルクーポン、他社ホテル予約サイト等別会社を経由してお申込みいただくご滞在は対象外となります。 つまり、同じホテルに朝チェックアウト、夜チェックインの場合にも1滞在がカウントされます。例えば、今日はAホテルに滞在し、明日がBホテルに滞在する場合には、2滞在がカウントされます。 プラチナチャレンジの申し込み 基本的には、マリオットのゴールドステータスを持っている会員はプラチナチャレンジの申請ができます。 SPGのアメックスカードを保有したら、SPGのゴールドステータスを自動的に獲得できます。マリオットアカウントにリンクして、自動的にはマリオットのゴールドステータスを保有できます。 プラチナチャレンジを申請したい時、サービスデスク(03-5405-1513)に電話し、「プラチナチャレンジの申し込み」の旨を伝えます。 また、メールでの申し込みもできます。マリオットリワーズサービスデスクの連絡先はtokyomarriottrewards@marriott.com です。 お得なチャレンジ方法 マリオット新規入会のプロモーション まだマリオットアカウントを持っていない場合に、下記のリンクから新規登録すれば、90日以内で2滞在により、カテゴリ1-5の特典宿泊券をもらえます。新規入会プロモーションはプラチナチャレンジと併用できます。 マリオット新規入会   キャッシュバック/ポイントサイトから予約 海外のキャッシュバックサイトはTopCashback(up to 5%)、Mr.Rebates(2%)、国内のハピタス(4.9%)、モッピー( 4.6%)、ちょびリッチ(2.5%-3.5%)からマリオットのオフィシャルサイトに予約したら、さかにお得です。 BRG(Best Price Guarantee) Bookingなどのホテル予約サイトから予約する場合に、チャレンジ対象外の可能性があります。 下記はマリオットデスクからの回答です。 尚、旅行会社やホテル予約サイトなど第三者機関を通してお手配されたご予約は、ポイント、宿泊日数実績、プロモーションの加算対象外となります。何卒ご了承いただけます様お願い申し上げます。 以下の経路のご予約がポイント加算対象となりますので、ご予約の際は是非ご利用くださいませ。1. マリオット東京予約センター: 0120-142536(無料通話)または03-5405-1511 営業時間:平日9時~18時2.マリオットの公式予約サイト: www.marriott.co.jp3. ホテルへの直接のご連絡 オフィシャルサイトの価格より安い場合に、BRGを活用できます。成功したら、オフィシャルサイトに表示される価格より25%割り引きがあります。 BRGについて、今後詳しく紹介します。

BAのAvoisで交換されるJAL特典航空券の座席選択方法(新版)

2017年11月16日、JALは旅客サービスシステムの刷新に伴う、「アマデウス(Amadeus)」のシステムを導入しました。この更新により、他社から交換するJAL特典航空券の座席選択のやり方も従来と変わりましたが、結構使いやすくなりました。 今回はBA avoisで交換された特典航空券を新システム上に座席選択の方法を紹介します。 システム更新後、発行した特典航空券の座席選択 BAと同じくAmadeuシステムを使いますので、BA Avoisで発行するチケットの予約番号を直接に使えます。 JALのホームページから、国内線あるいは国際線のタグを選択し、予約確認をクリックします。 予約番号で検索し、BAが発行した6桁の番号をそのままに入力し、「予約詳細」へ進みます。 予約管理画面に、「座席指定」に進んで、好きな座席を選べます。ここで席を決めたら、必ず「選択」をクリックしてから画面右の下「完了」をクリックします。 システム更新前、発行した特典航空券の座席選択 JALの旅客システム更新(11月16日以前)した前に、BAと異なったシステムを使用したために、JALの予約番号を別途でもらわないといけない。BAデスクに電話しも良いですが、ここで、Amadeusシステムを使用しているCheckMyTripを勧めます。 CheckMyTripのWebsiteか携帯のアプリからBAの予約番号を入力、JALの予約番号が獲得できます。JALの予約番号をもらったら、上記と同じ流れで予約番号検索から座席選択を進めます。 新機能および制約事項 新システムは旧システムより使いやすくなります。UIも結構改善しました。 予約管理画面で新しい機能も追加しました。 Eチケットのオンライン発行 旧システムはEチケット発行の機能があったようですが、実際使った時エラーを表示し、オンラインで発行できないと思います。 今回は改善し、Eチケットを発行できます。「eチケットお客様控を表示する」を2回クリックしたら、新しいウィンドでamadeusに移動し、eチケットが表示されます。 JALの会員番号も登録できる 「パスポート情報登録」か「お客様情報更新」を選択して、マイレージプログラムを選んで、番号も入力できます。ここで、JALの会員番号を入力したら、JALのアカウントにもこの予約が表示されます。 また、JALの上級ステータスを保有する会員に対して、座席を事前選択できる範囲も通常より多いです。 制約事項 1つ予約番号に複数人の予約分がある場合に、予約番号の検索に入力する名前のみ、マイレージプロブラムの登録ができます。そのほかのメンバーは「登録済」と示されます。個別登録が必要です。 座席の選択が複数人同時もできますが、会員ステータスの違いにより、選択失敗の可能性があります。例えば、1つの予約番号にAとBが含まれています。AはJALダイヤモンド会員、BがJAL会員ではありません。Aの名前から予約番号検索し座席選択し、Aが1Aの席を選択し、Bが1Bの席を選択したら、エラーが表示されます。実際、Bに対して、1Aと1Bが選択できない状態になっていますが、画面上でこのような表示はありません。