SPGとマリオットが年内に統合?18年8月以後、SPGのウェブサイトとAppを使えなくなる?

既に昨年末でマリオットとSPGが2018年統合せずニュースがありました。 従って、最速2019年1月から片方しか残りませんが、統合内容の一部は先に2018年内に進む可能性が否定できません。 先日、SPGのIT部署の関係者によると、SPGの予約サイトやモバイルAPPが8月以後を使えなくなります。代わりに、今後の予約は全部マリオットのウェブサイトやAPPに進む予定です。2つのプログラム、特にポイントのシステムが独立で運用できるかとうか不明ですが、2019年以後SPGのスターポイントがなくなる可能性が高い。 では、もし8月以後予約サイトを先に統合すれば、何かの影響がありますか。 ステータスの維持するため、必要な宿泊数は? 現状、SPGのステータスを維持するために、毎年必要な滞在/泊数はマリオットよりかなり少ないです。例えば、同じプラチナステータスの場合に、SPGは25滞在/50宿泊が必要です。SPGのアメックスカードを保有すれば、さらに楽にします。一方、マリオットのほうは75宿泊が必要です。コストや時間上でSPGよりきついです。予約サイトを統合すれば、2018年度でSPGやマリオットのステータスを維持する必要な条件が変わりませんと思います。 しかし、2019年以後はどうでしょうか。年内に多分案内が来ると思います。 ホテルカテゴリの変化は? マリオットのホテルは2種類のカテゴリがあります。ザ・リッツ・カールトンの等級は「Tier」が表示され、最高レベルが5です。ザ・リッツ・カールトン以外のホテルは「Category」を表示し、レベルが9まで。 SPG系のホテル(一部のホテルを除く)は「Category」が表示されます。最高が7です。例えば、京都の翠嵐、大阪のSt.Regisが最高のCat7です。ポイントで無料宿泊を交換する際に、必要なポイント数はカテゴリにより異なります。 リワードポイントでマリオットのCat9の無料宿泊を交換すれば、40000-45000ポイントが必要です。リッツ・カールトンのTier5の無料宿泊を交換すれば、60000-70000ポイントかかります。 一方、SPGのCat7の無料宿泊を交換すれば、30000-35000ポイントがかかります。1スターポイントは3リワードポイントへ交換できるため、SPGの最高級ホテルは90000-105000リワードポイントで交換できます。かなり高いですね。 なので、SPG系ホテルのカテゴリ調整は簡単な事ではないと思います。2018年内で、2つのプログラムが独立で運用すると推測します。 プラチナチャレンジは? SPGとマリオットのプラチナチャレンジはそのままで残りますか。残る可能性は高いが、マリオットのプラチナチャレンジのみと思います。プラチナチャレンジは無くなる可能性もありがますが、ヒルトンのダイアモンドチャレンジを維持すれば、マリオットのプラチナチャレンジがなくなる可能性が低い。 では、もしSPGでの宿泊はマリオットのプラチナチャレンジにカウントされることができれば、プラチナチャレンジのコストがより抑えます。海外の安いSPGホテルは2000−3000円/泊かかります。マリオットのプラチナチャレンジの場合に、9滞在が2万円前後です。 最後 上記はただの推測ですが、年内でSPGの一部を先に統合することが間違えないと思います。 ウェブサイトやモバイルAPP以外、アメックスのSPGカードの行き先が不明です。アメックスはマリオットと提携しないと、マリオットのリワードポイントを貯める方法が宿泊しかありません。 今からアメックスSPGカードの入会やSPGのスターポイントの購入は多分マリオットのリワードポイントを大量獲得できる最後のチャンスです。

SPGのプラチナチャレンジ攻略

前回、マリオットのプラチナチャレンジを紹介しました。今回、SPGのステータスチャレンジを紹介します。 SPGのステータスチャレンジについて、以前が非公開のプログラムでしたが、現在公開のプログラムになっています。マリオットのプラチナチャレンジと同じく一定数の宿泊を完了したら、プラチナ(18泊)あるいはゴールドステータス(9泊)をもらえます。 詳細は下記のリンクに参照してください。 SPG ステータスチャレンジ プラチナステータスのチャレンジ マリオットと違って、SPGのステータスチャレンジに対して、必要宿泊数が泊数(night)です。滞在ではありませんので、連泊すれば最速SPGプラチナを獲得できます。 また、SPGのホテルに1滞在に対して、3部屋までの予約が全部泊数にカウントできます。例えば、同じホテルに3部屋の1泊の場合に、1滞在3泊がカウントされます。 プラチナチャレンジの18泊に対して、最速6連泊で完了できます。マリオットの9滞在と比べて、効率が高い。しかし、必要な泊数はマリオットの倍になっていますので、国内の場合に料金も倍になります。マリオットのプラチナチャレンジと比べて、コスト面が良くない。 SPGアメックスカードを持って宿泊費をカードで支払うと、100円で5スターポイントを貯めます。還元率は10%以上です。 ゴールドステータスのチャレンジ SPGのゴールドステータスチャレンジができます。しかし、ゴールドチャレンジより、SPGアメックスカードの方はコスパが高いです。SPGアメックスカードはゴールドステータスが自動付帯、かつ、新規入会すれば、最大1.7万 スターポイントを獲得できます。 SPGのゴールドはマリオットのゴールドと違って、スイートへのアップグレード、無料朝食とラウンジの権利がありません。SPGアメックスカードを保有する人に対して、プラチナステータスをもらったら一番いいです。   チャレンジの申込方法 SPGのデスクに電話して、ステータスチャレンジを登録できます。 SPG会員専用ライン0120-925-659 SPGゴールド会員専用ライン0120-925-759 また、SPGの公式サイトのヘルプからメールの問い合わせもできます。   注意事項 マリオットのチャレンジと同じく、料金をお支払い泊のみはカウント対象です。「ポイント&キャッシュ」の支払いは対象外です。 過去5年内でステータスチャレンジ成功した場合にも参加できません。チャレンジ失敗した場合に、再チャレンジできます。

SPGのスターポイントのお得な購入キャンペーンが最大35%割引

SPGのスターポイント購入キャンペーンは11月から開始しました。 期間は2017年12月29日まで。 SPGスターポイントの購入サイト 5000ポイント以上購入すれば、35%の割引があります。 (ちなみに、去年年末頃のキャンペーンが最大50%の割引でした。) 1つのアカウントで年間スターポイントの購入上限は3万ポイントです。3万ポイントを購入する場合に、685ドルがかかります。 計算すると、今回の購入単価は1スターポイント=約2.6円(0.23ドル)  スターポイント購入の流れ 購入手順は簡単です。購入したいポイント数を選択して、姓名、会員番号、メールアドレスを入力すれば、支払い画面に移動します。 支払い画面で、クレジットカードと住所の情報を入力し、「購入する」Buttonをクリックしたら、購入の手続きが完了できます。 その後、ログイン時入力したメールアドレスに購入確認書が届きます。 以上、購入が全部完了です。 家族メンバー間のポイント移行 3万以上のスターポイントを購入したい場合に、家族メンバーのアカウントを利用したら、年間3万ポイントの購入 上限を超えます。 家族メンバーのアカウントは同じ住所を登録すれば、お互いにポイントの移行ができます。 移行する時、下記の注意事項があります。 同じ住所を登録してから30日以上、ポイントの移行ができます。 移行する時、証明書類の提供を要求される可能性があります。 家族メンバー間のスターポイント移行手順は以下です。 会員管理画面で「スターポイントを交換」をクリックし、次に「その他のオプション」を選択します。 いくつかのカテゴリがあります。「スターポイントをプレゼント」を選んで、「スターポイントを移行」を選択します。 移行先の会員番号、移行ポイント数(1000の倍数)などの情報を入力して、「移行」をクリックして手続きが完了します。 9万スターポイントが貯まったら、マリオットのトラベルパッケージへの移行ができます。

マリオットプラチナチャレンジの攻略

マリオットのプラチナステータス(最上級のステータス)について、年間(1月から12月)75泊以上の宿泊があれば、ステータスの獲得ができます。しかし、SPGの年間25滞在か50泊と比べて、難易度が高いです。 プラチナチャレンジは一定期間内で必要な宿泊(滞在)数を達成すれば、プラチナステータスを獲得する方法です。 また、マリオットとSPGはお互いに会員ステータスをマッチできますので、マリオットのプラチナを保有すれば、SPGのプラチナステータスももらいます。 私はマリオットのプラチナステータスを2年くらい保有しています。マリオット系のホテルやザ・リッツ・カールトンのホテルに滞在した時、大体7割のホテルにスイートルームにアップグレードしてもらいました。 プラチナチャレンジの概要 プラチナチャレンジは3か月で9滞在すれば、プラチナステータスをもらいます。 滞在(Stay)と泊(Night)の違いとは、例として、9連泊の場合に、「1滞在9泊」をカウントされます。9滞在は最低9日で達成できますが、毎回「1滞在1泊」が必要です。 1月内でチャレンジ完了したら、翌年の2月までプラチナステータスを保有できます。2月-12月内で完了したら、翌々年の2月までプラチナを維持できます。つまり、来年の2月以後チャレンジを完了したら、2020年2月までプラチナステータスを維持できます。 ちなみに、特典宿泊もチャレンジのカウント対象外です。料金をお支払いのご滞在が必要です。 同一ホテルに24時間以内に再チェックインいただく場合は、1滞在となります。また、ルームレートがポイント加算対象外となるご予約は、滞在のカウント対象外となります。ツアーでのご宿泊やホテルクーポン、他社ホテル予約サイト等別会社を経由してお申込みいただくご滞在は対象外となります。 つまり、同じホテルに朝チェックアウト、夜チェックインの場合にも1滞在がカウントされます。例えば、今日はAホテルに滞在し、明日がBホテルに滞在する場合には、2滞在がカウントされます。 プラチナチャレンジの申し込み 基本的には、マリオットのゴールドステータスを持っている会員はプラチナチャレンジの申請ができます。 SPGのアメックスカードを保有したら、SPGのゴールドステータスを自動的に獲得できます。マリオットアカウントにリンクして、自動的にはマリオットのゴールドステータスを保有できます。 プラチナチャレンジを申請したい時、サービスデスク(03-5405-1513)に電話し、「プラチナチャレンジの申し込み」の旨を伝えます。 また、メールでの申し込みもできます。マリオットリワーズサービスデスクの連絡先はtokyomarriottrewards@marriott.com です。 お得なチャレンジ方法 マリオット新規入会のプロモーション まだマリオットアカウントを持っていない場合に、下記のリンクから新規登録すれば、90日以内で2滞在により、カテゴリ1-5の特典宿泊券をもらえます。新規入会プロモーションはプラチナチャレンジと併用できます。 マリオット新規入会   キャッシュバック/ポイントサイトから予約 海外のキャッシュバックサイトはTopCashback(up to 5%)、Mr.Rebates(2%)、国内のハピタス(4.9%)、モッピー( 4.6%)、ちょびリッチ(2.5%-3.5%)からマリオットのオフィシャルサイトに予約したら、さかにお得です。 BRG(Best Price Guarantee) Bookingなどのホテル予約サイトから予約する場合に、チャレンジ対象外の可能性があります。 下記はマリオットデスクからの回答です。 尚、旅行会社やホテル予約サイトなど第三者機関を通してお手配されたご予約は、ポイント、宿泊日数実績、プロモーションの加算対象外となります。何卒ご了承いただけます様お願い申し上げます。 以下の経路のご予約がポイント加算対象となりますので、ご予約の際は是非ご利用くださいませ。1. マリオット東京予約センター: 0120-142536(無料通話)または03-5405-1511 営業時間:平日9時~18時2.マリオットの公式予約サイト: www.marriott.co.jp3. ホテルへの直接のご連絡 オフィシャルサイトの価格より安い場合に、BRGを活用できます。成功したら、オフィシャルサイトに表示される価格より25%割り引きがあります。 BRGについて、今後詳しく紹介します。